押せるもんなら 押してみろ

ブログ訪問有難うございます

ブログ訪問有難うございます

このブログは管理人:[noriokun]が自由気ままに更新するブログです
管理人はパソコンが好きなんで、カテゴリは日記ときどきパソコンな感じです

ウェブサイト---> noriokunウェブサイト


※注意

最新記事内のNEWマークが「IE」だとまれに正しく表示されないので「chrome」を推奨します。

写真はクリックすると大きくなります。
7月29日以降の記事はwin10を基準に記事を書いています。


広告

新着記事


ノートパソコンのDCジャック部分の不具合? 充電が稀にしかできなくなった

どもども、久しぶりです。

いやぁ、、、最近ノートパソコンの充電がなんか不安定なので心配してたのですが

とうとう、ほとんど充電できなくなりました。

といっても、おそらくDCジャック部分の故障だけですんでると思います。

このノートパソコンの機種はDCジャック部分の故障が割と多いのか、

YouTubeで海外の人が結構交換してる動画を出してるので

おそらくここが原因で間違いないでしょう。

といっても一応ノートパソコンのバッテリーチェックしてみた。

しかたは簡単

WindowsキーとRキーを同時押しして「cmd」と入力してコマンドプロンプトを起動

そのあとに「powercfg batteryreport」と入力

でてきたファイルパスをコピーして、コマンドプロンプトに貼り付ければOK

あとはchromeとかブラウザが勝手に開くと思います;。

dadadadadada.png

うむーーーーーー デザインキャパシティが製造時のバッテリーの容量で

フルチャージキャパシティが最大に充電できた量なので、それなりに消耗はしてますね

一応上の画像はバッテリーリフレッシュした後の数字なので少しはましですね

sadsadasd.png

8月30日にバッテリーリフレッシュしたので結構回復はしたのかな?たまたまかな?

まぁバッテリーリフレッシュの効果は一応あったのかな?

バッテリーリフレッシュの方法は簡単でとりあえず充電してBIOS起動してバッテリー駆動のまま放置

そのご起動しないで充電を最大までするという簡単なほうほうです。

さてさて、ジャック部分の修理ですが、当然交換パーツかわなくてはいけないのですが、、、、

うーむヤフオクで送料別980円

asdasdasdasdasdasd.png

たかあああああああい

こんなんに送料込み1000円以上かけたくないので

有名な中国の通販サイトAliexpressで輸入してきました。

sssss.png

セール中で日本円で120円ぐらいでした。 しかも送料無料

いやぁ、ヤフオク、、、、、、ぼったくりやんw

今は届くのを待ってる。一応ショップも信頼高いとこにしてみました。

しかし、ヤフオクとかと比べると輸入なのでやはり届くのが遅いので

まぁ、気長に待つしかないですね。

というわけで今回はこの辺で。
関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    noriokun4649

    管理人:noriokun4649
    性格:いい加減
    趣味:パソコン
    特技:改造 特技なのかなぁw

    お問い合わせ先
    noriokun.official.mail
    @gmail.com

    最新コメント
    カウンター
    カテゴリ
    プライバシーポリシー
    当ブログではgoogle Analyticsサービスを使用して 今後のブログ完成度向上のため「ブラウザ・OS・プロバイダー・言語圏」などの情報を収集しております。
    なお、この情報は完成度向上のみに使用するものとし、またこれらの情報は閲覧者の位置情報を取得できる情報ではありません。

    また、アクセス数などのカウントもさせていただいております、あらかじめご了承ください。

    Google Analytics
    ブログ内容
    パソコンや日記を書くブログです。
    基本的には日記ですがちょいちょいパソコンネタなどを挟んで更新します。
    ランキング
    ランキング参加してます
    パソコンランキングへ
    パソコン
    ランキング
    はこちら↑
    月別アーカイブ
    リンク
    TVアニメ「Charlotte(シャーロット)」公式サイト
    Twitter
    このブログはRSSリンクに対応してます
    スマホはこちらから
    QR
    お問い合わせフォーム

    名前:
    アドレス:
    件名:
    本文:

    検索フォーム