iPhone SE バックライト 修理 方法!! 軽く調べたのでまとめる。

noriokun4649

ども久しぶりですね。11月は特に記事を書く気が起きず、書いてませんでした。

今回は友人から液晶がつかなくなったというiPhoneSEを買い取りました。(まだお金払ってないけど)

なので今回は、iPhoneSEの画面を修理する計画をたてます!!

さて、早速画面がつかない原因を見つけなければいけないのですが。

一応考えられるのは、

・液晶と基板をつないでいるフレキシブルケーブルが断線・破損している。
・液晶割れがある。
・バックライトが壊れてる。
・基板側のバックライトの回路が壊れてる。

のいずれかと思います。

んで今回実物を見た感じ、液晶割れはなく、液晶画面も光を当てれば見えることから

とりあえずは、バックライトの故障が原因だとわかりました。

さて、となるとバックライト自体の故障か、回路側かを見分けなければいけないのですが、、、

うーーーん、一応手元に別の友人から買い取ったiPhone6があるんですが、

iPhone6のときは、バックライトが半分点灯しなかったので、バックライト側の問題だということがわかり

画面自体を交換して治ったのですが、、、

全部のバックライトが消えてることから回路側の問題のほうが強いと思いますね。

さて、となると回路のどこが悪いか、これを見つけなければいけませんが、

運がいい?ことに同じような症状の事例がいくつかあるので

大体は絞り込めますね。

とは言っても日本での情報は無いので全て英語になってしまうんですけどね。

いやぁ、海外の人達って本当にすごいです、情報の量といい挑戦する技術といい

英語で検索できるようになると格段に情報量が増えます。

話がずれましたが、戻りましょう。

さてで原因の箇所ですが、iPhoneSEのバックライトフィルターという部分の回路が原因担ってることが多いらしいです。

詳しく言うとiPhoneSEバックライトフィルターのFL4211という基板実装部品ですね。

これはチップインダクターと言われるノイズ対策部品みたいですが、

ここが焼ききれてるのが多いみたいです。

んでiPhoneSE FL4211で調べてみると、村田製作所のフェライトビーズがヒット。

インピーダンス240ohmsの最大DC電流350mA最大DC抵抗380mOhmsで

チップサイズは0201inchのものらしいですね。

asas.png
説明欄に中華製じゃなくて高品質な日本製だよ!!って赤文字で書かれてるの面白いですねw

さて、1.99€だと500円ぐらいでしょうか、それに海外なので送料とかもかかるとおもうので

このサイトで買う必要はないですね。日本製品ですし。

ということで国内サイトでこの条件にあう村田製作所のフィルターを検索してみたところ

BLM03AX241SN1Dというメーカー型番がヒット! これでいいぽいです。

dadadadada.png

んんーーーーーしっかし22円の買い物に2千円の送料はいただけませんね!!

ということで今度は「BLM03AX241SN1D」の型番で他に買えるところを検索!

するとマルツで買えることが発覚!
dadas.png

39円とさっきより少し高いですが(高いって言っても数十円ですが)

なんとマルツのいいことはメール便が使えて送料が240円!!!!

しかも、店頭受取すれば送料がかからず、交通費だけでいいので

最寄りにマルツがある人はかなりよいですね。

んで最寄りにマルツがあるので、今回はマルツで買います。

と、ここまで修理する気で記事を書いてましたが、

修理はとりあえずお預けです。

今は少し忙しいのといろいろたてこんでるので。

あ、一応ですがこの情報が正しいとも限らないので参考にする方などはあくまでも自己責任でお願いします。

んまぁというわけで、中途半端ですがこのへんで失礼します。。。

また今度。



追記

参考にした動画はこちらですね わかりやすくていいです。
        ↓ 




関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply