例のグラボRX460を購入 HDMI出力のために改造する

noriokun4649

どうも。いやぁ、話題ですよね例のグラボ。

話題になってからだいぶたってるけど、、、

さて、今回秋葉原で買って来ちゃったので早速改造したいと思います!
さて、例のグラボのHDMI端子については色々情報が出回ってるので改造しやすいです。

一応情報としてはHDMI端子が隠れてるがそのままだと使えない。

んで、HDMIに繋がってる回路ジャンパーすれば使えるようになる!

とのこと、しかしこれは初期の情報で、今ではチップの詳細まででてます。

搭載するチップの種類としては抵抗とインダクタとコンデンサらしいです。

それらのチップの値としては、抵抗が左から5.1Ω、499Ωだそうです。

インダクタは正確な値がわかっていませんが、私は120nHにしました。

コンデンサですが、0.1uFだそうです。(マイクロがててこなかったのでuにした。

そして、これらのチップのサイズですが1005だということがわかってます。

チップのサイズについては、インチ表記とセンチ表記があるので注意です!

今回の1005はセンチ表記なので、インチ表記だと0402になります。

んで!

今回はどこでチップを買ったかというと、マルツオンラインですね!

マルツオンラインでは、秋葉原の店舗での受け取りができるため便利なんですよ!

というわけで早速始めましょう!

DxwAm9dVYAE7NaW.jpg

でぇーん。

こんな感じで梱包されてます。当然バルクですね。

DxwBrlkVsAANzZg.jpg

中身はこんな感じですね。

結構シンプルなデザインです。

DxwQqhgUYAAOuIh.jpg

さっそく差し込んだわけですが!!!!

うむうむ!うまく動いてます。

DxxVHnoUwAAUQFY.jpg

ちなみにこのグラボ、DIPスイッチが付いてるんで、そこで切り替えることで、クロック数が変わるぽいです。

コアのデフォルトクロックが若干変わってますね。

DxxFD_8WoAI2j7L.jpg

このグラボ未改造のままでも使える機能があります。

その一つがエンコーダーですね。

いちおう普通に使えます。

DxxPBt8UYAIJorS.jpg

さてさて、エンコード結果の比較です。

うーーーー???GTX1070が圧倒ですね?

思ったより遅いなぁ、、、まぁこれはCPUのPCIeレーン数の問題でしょう。

実際はもっとエンコードは速くなると思います。

さて、次はR6Sのベンチマークしてみたいと思います。

FHDで最高画質です。

1070

GTX1070をプライマリ出力した場合です。

470

RX470のグラフィックを使って、オンボードグラフィック経由で出力した場合です。

おぉ。思ったより性能出てる感じしますね。

割といいのです・。・




さて、ここからはRX470をプライマリ出力した際の記事です!

DyEU4XeUUAEP002.jpg

とりあえずこんな感じで刺してみました。

ブラケットの加工してないんで、とりあえずファンとブラケットなしでHDMI出力を試した感じです。

DyEUgNPUYAAS9GZ.jpg

ふむふむ、ちゃんとプライマリ出力できてますね。

DyEUYZ8VYAA1nLH.jpg

ちゃんとディスプレイも認識してます。

DyFeQZKUcAIbck0.jpg

ちなみに、ブラケットの加工はニッパーとペンチで頑張りました・。・

DyFeSDcV4AklZsw.jpg

きちんとHDMI出力みえてますね。

汚いけどwww

まぁ、使えりゃいいんですよ。

DyFfHjoUcAUu1AE.jpg

ということで、試しにつけたPCとは別のPCにRX470を入れてみました!

オンボードグラフィックなしで、RX470だけで動いてますね!

というわけで、こんな感じで素人でも簡単にできました!!

いやぁこれで6千円弱っていいですね。

ではまた今度。

次はRX470のファームウェア?VBIOS?の書き換えを書きたいと思います。・_・。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply